相続の準備を進めておこう!そのためには…?

分からないことは税理士に聞こう!

世帯主は一家の長、大黒柱である世帯主が亡くなった場合に分配されるものが遺産です。世帯主に配偶者や子供などがいるなら、遺産相続という手続きが必要になるんです。しかし、そうした手続きはややこしいし、普段から考えている人は決して多くはいませんよね。実際にそういった状況をむかえた時には、税理士に相談するといいですよ。税理士に相談すれば、相続税を減らすための方法や、難しい手続きも分かりやすく説明してもらえますよ。

相続税はやり方次第で減らせる!

財産を遺族に分配するにあたっては、税金がかかります。この税金は必ずしもかかるというものではなく、財産の額によってはかからない場合もあります。このような税金を相続税と呼ぶのですが、相続税を減らす方法というのも実はあるんです。亡くなった人の配偶者は、子供や孫より課税されない金額が高く設定されているんです。生命保険に入ってると保険金の相続税を非課税にできる金額設定もできますから、生命保険に入ることで相続税を減らすことが可能になります。

相続の手続きはどのようにする?

実際に相続の手続きをする場合に、必要な書類を用意しなければなりません。準備しておくべき書類としては、戸籍謄本や住民票、印鑑証明なども必要になりますよね。その他には預貯金額を証明する残高証明書、生命保険に入っている場合は生命保険の保険証なども必要です。いざ相続の手続きをするとなると、分からないことだらけでなかなか手続きが進まないものです。そうならないためにも、あらかじめ相続に関する申請方法なり、必要な書類なりを確認しておくといいですよ。

相続税に関する法律が改正され平成27年1月から相続税の基礎控除額が大幅に減額されました。普通の人でも他人ごとではなくなった相続税相談には税理士や司法書士などが適しています。

Post Author: admin