美容師になる方法についてのこと!選択肢としての専門学校

実は学校に通うことは必須ではない

国家資格というのは、色々と学校に通うことによって得られることが多いです。美容師もそうであり、二つの条件があり、その中に学校に行くことがあります。それが美容学校を卒業して、美容師国家試験に合格する、ということになりますから、覚えておきましょう。美容学校とは、そもそもなんであるのか、となりますがこれは厚生労働省が規定した条件を満たしていることが必須になります。これを認可学校というので覚えておきましょう。

認可学校であることについて

美容師学校では、キチンと指定されているところは厚生労働大臣指定校と表示していますから、まずはそこから絞り込んでいくと良いでしょう。難しいことはないです。今ではインターネットでいくらでも美容学校を見つけることは可能になります。実は美容学校でヘアメイク系では意外と学校認可を受けていないところもあります。こうした学校を卒業しても美容師国家試験の受験資格は得ることができないので注意しておきましょう。ですから、まずは認可されているところであるのかどうかが大事です。

どのくらいの勉強が必要になるのか

美容師になるための学校には三つの種類があります。昼間課程と夜課程と通信課程になりますが、基本的には昼間にいくことがおすすめできます。2年間みっちり学ぶことができるからです。凡そ、2000時間以上は勉強することになりますが、大抵のところはそれ以上になります。必須科目が1400時間、選択必修が600時間ですから、最低で2000時間なのです。ですが、合格率を高める為、そしてスキル向上のためにそれ以上のカリキュラムを組んでいるところが殆どになっています。

美容の専門学校のカリキュラムに着目することで、メイクやエステ、ヘアカットなどの技術を身に着けることが可能です。

Post Author: admin