信用取引とは担保が特に必要ないのです!そこが魅力です

様々な信用取引がありますが

色々と信用取引には種類があるのですが、どこも担保は取っていないです。証拠金、と言う形で取っていることはありますが、これは担保というよりは単純に元本という意味愛が強いでしょう。では、どうして担保を取らないのか、ということになりますが実に単純なことであり、これは面倒であるからです。意外と動産であれ、不動産であれ、担保を取る、ということには手間がかかることになります。ですから、信用取引では取らないことが多いのです。

リスクはどのくらいあるのか

信用取引というのは、自己資金以上に損をする可能性があります。自己資金で投資をした以上に稼ぐことができるようになる、というのもメリットではあるのですが、損をすることも考えておきましょう。リスクは何倍の信用でやっていたのか、ということによって大きく違うことになります。例えばFXなどでは25倍が国内業者では限界になるでしょう。これが高いと見るか大して高くないと見るかはその人次第でしょう。非常に難しい問題です。

どんな信用取引をするのか

信用取引といっても色々と方向性があります。外貨取引であることもありますし、先物取引ということもあります。株式取引も信用取引は可能になります。どれも担保を取ることはありませんから、その点においては共通しているわけですが、信用取引というのはリスクがあるのも共通しているのです。自分の知識としてどれがベストなのか、ということをまずは考えてみると良いでしょう。外貨取引か、株式か、或いは商品先物か、ということです。

信用取引の担保は、最低限を20万-30万円を預けて投資する株価の三割+αという場合が多いようです、損失を出して三割に満たなくなると、追証(お金)を入れるシステムです。また株を担保にする事もあります。

Post Author: admin